実は違いがあります | 可愛い子と遊びたい人はセクキャバやキャバクラへ行こう menu

実は違いがあります

風船を見ている女性

さっそくガールズバ―やキャバクラのサービスを利用してもらいたいと思いますが、初心者の場合はこのふたつの違いについてあまり把握できていないでしょう。
だから今回は、ガールズバ―やキャバクラの特徴をここで挙げておきたいと思います。

まず一見するとどちらも同じようなお店だと思ってしまうかもしれませんね。
ガールズバ―とキャバクラの共通点は、お酒が飲めて女の子と会話が楽しめるようになっているということ。
だからどちらを使っても一緒だろうと思うかもしれません。
しかし、それ以外では全然違うのがガールズバ―とキャバクラです。

ガールズバ―は基本的にただのバーとシステム的にはまったく同じ感じになっています。
そのためカウンター席を利用することになります。
また女の子はカウンターの中にたくさんいるので、いろんな女の子とのコミュニケーションが実現できるでしょう。
そしてそもそもがバーなので、お酒の種類は間違いなくガールズバ―の方が多いと思います。

一方キャバクラの方は、カウンター席が存在しません。
必ずボックス席で女の子とコミュニケーションを取ることになります。
しかもキャバクラだとひとりのお客さんに関らずひとりの女の子がつく形になるでしょう。
だからお店にいる以上、その女の子はあなたとしかお喋りしません。
つまり女の子をひとりだけ独り占めすることができます。
さらにキャバクラでは単なる接客が受けられるだけではなく、接待という形で接客してもらえます。
つまり全体的に質の高い接客サービスとなっていますので、こっちの方が高級感を感じられるでしょう。
ただしひとりの女の子としかコミュニケーションが取れないので、複数の女の子といっぱい話したい人には向きません。